安土桃山時代

安土桃山時代のキリシタン大名。①大友義鎮とザビエルの関係

前回は、キリシタン大名がどんな人たちなのかについて見てきたね。

布教活動の許可を求めてやってきた宣教師たちの話を聞いて感化された、または布教認可の対価として得られる利益のために自らキリシタンとなった大名たちだったね。

 

さて、今回はキリシタン大名の中でも特に有名な三人を紹介していこう。

 

大友義鎮、有馬晴信、大村純忠の三人だ。

 

続きを読む

キリシタン大名ってどんな人たち?代表的な大名は?

前回まで、イエズス会の有名な宣教師たちについて見てきたね。

ガスパル=ヴィレラルイス=フロイスは、日本各地を巡りながらキリスト教をどんどん広めていったんだよね。

 

今回見ていくのは、この宣教師らが持ち込んだキリスト教に影響を受けた大名、いわゆるキリシタン大名について見ていくよ。

 

続きを読む

安土桃山時代に作られた南蛮寺とは?

前回は、宣教師であったイエズス会のフランシスコ=ザビエルについて見てきたね。

ザビエルは中国に布教しに行く途中で日本のことを聞きかじり、それがもとで日本にやってきたんだったよね。

 

今回は、キリスト教徒のための教会堂「南蛮寺」について見ていくよ。

 

続きを読む

フランシスコ=ザビエルと日本の関係について。

前回は、「宣教師」について見てきたね。

宣教師は、自分の信じる宗派を広めるべく東洋(日本などアジア圏)に教えを広めに来た人たちだったね。

 

その中でひと際有名な宣教師がいる。多分この記事を読んでいる人もみんな知っているはず。

そう、フランシスコ=ザビエルだ。

 

続きを読む

日本に来た”宣教師”についてわかりやすく。

前回は、南蛮貿易について見てきたね。

ポルトガルやスペインなど、ヨーロッパ南側の国々との貿易のことだった。

この貿易によって、戦国武将たちの争いに大きな影響を与えていく

 

今回見ていくのは、ヨーロッパからやってきた「宣教師について。

フランシスコ=ザビエルなんかが有名な宣教師だね。

 

いったい彼らは何をしに来ていたんだろう。

 

続きを読む

南蛮貿易の中心地。平戸港ってどんなところ?

前回は、種子島へのポルトガル船漂着、さらに鉄砲伝来まで見てきたね。

ポルトガルからもたらされた鉄砲(火縄銃)によって、今後起こる武将たちの数々の戦いに影響を与えることになる。

 

この火縄銃は、そのルーツから「種子島」とも呼ばれていた。

 

今回は、ポルトガル来日を契機に発展した「南蛮貿易」の中心地、平戸について見ていくよ。

 

続きを読む