備中ぐわ、千歯こきの利点とは?江戸時代のスゴイ道具まとめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

江戸時代の農業の発展は、数々の「発明」によって為されたものと言っても過言じゃない。

 

なかでも優秀な「農具」の発明は、生産能力の飛躍的な向上につながった。

 

今回は、江戸時代を支えた農具について見ていくよ。

 

江戸時代の「名農具」

 

備中鍬(びっちゅうぐわ)

改良前は「風呂鍬」としてずっと昔から存在していたんだけど、江戸時代中期には先っちょがフォークみたいになった鉄製の鍬に改良され全国に普及。

これによって生産が飛躍的に向上したよ。

 

千歯扱(せんばこき)

元禄時代あたりで、大坂の宇兵衛という人が考案した「脱穀用農具」。

 

これが考案される前までは「扱箸(こきばし)」というモノが使われていた。

大きな箸で稲穂を挟んで脱穀していたんだけど、千歯扱はこれを束で脱穀できるから効率がめちゃくちゃ上がった。

 

でもそのせいで扱箸での脱穀で収益を得ていた未亡人たちの仕事を奪ってしまったことから、「後家倒し」なんて名前もついている。

 

千石簁(せんごくどおし)

これも17世紀あたりから普及し始めた農具で、「穀粒の大きさによってふるい分ける」農具。ぬかなんかもふるい落とすことができて非常に便利だった。

 

唐箕(とうみ)

17世紀後半に、中国から伝わってきた農具で、穀粒のもみ殻・玄米・塵(ゴミ)に分別する装置。これも重宝された。

 

踏車(ふみぐるま)

17世紀に発明された足で踏むタイプの「揚水機」。これ以前には「竜骨車」という道具が使われていたんだけど、2人で作業する必要があった。

踏車は一人の力で水をくみ上げることができたからこちらが普及したよ。

 

 

まとめ

江戸時代の発明とはいえ、今回紹介したものの中には昭和まで使われていたような農具もあるんだ。

 

それだけ革新的な発明だったんだね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*