織田信長についてのまとめ!⑤足利義昭とともに上洛!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、織田信長の美濃攻略について見てきたね。

長らく小競り合いを繰り返していた斎藤家を下して、見事に美濃を平定したんだった。

天下統一を本格的に考え始めたのもこのころだね。

 

さて、今回はいよいよ信長の「上洛」だ。

 

足利義昭が将軍になりたがる

足利義昭はもともと家督を相続する立場になかった。

お兄さんが室町幕府の将軍になるから、自分はお坊さんになりそのまま生涯を終える・・・はずだった。

しかし、突如京の有力な武将・三好氏らによってお兄さん含む家族が殺されてしまう。

義昭も殺されかけるんだけど臣下の援護もあって何とか京を逃げ出す。

 

その後は京に戻って自らが将軍となることを決意し、協力してくれる武将を探した。

最初は六角氏が義昭と手を組んで上洛(京都に入ること)を目指していた。

 

信長にも協力要請をしていたんだけど、信長は当時斎藤家との争いがあったから返答を保留していた。

 

しかし、いざ義昭が六角氏と上洛しようとしたところで六角氏が裏切り。

義昭の上洛計画が頓挫してしまう。

 

ここで信長が「六角氏や三好氏をぶったおせばいいんだろ?やったるで!」と協力要請を承諾。

こうして足利義昭の名のもとに上洛を開始した。

まとめ

足利義昭は、何事もなければ僧侶として生きるはずだった。

しかし将軍であった兄やその家族が殺され幕府存続の危機に陥ったことで、自らが将軍として幕府を復活させようとしたんだね。

 

しかし、義昭には更なる悲劇が待ち受ける・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*