安政の改革の内容は海軍の力を増強することだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は阿部正弘の話ばっかりだったから、いい加減覚えたんじゃない?

老中水野忠邦が失脚した後に、阿部正弘が就任して、ペリーと日米和親条約を結んでさ、安政の改革を行った!ってだけでも、君の知識は他の受験生を凌駕してるよ。

まぁMARCHレベルだったら楽勝だね。でね、正弘で1番大事な載って安政の改革なんだよ。言葉だけ覚えていてもダメね。

「なんで安政の改革が必要だったのか?」「安政の改革の内容」ってのをしっかり理解できていないとダメ。改革シリーズっていっぱいあるからさ。ちゃんと理解していないとね。
ちゅーことで、安政の改革言ってみようか。

安政の改革ってなに?

 

安政の改革が必要だった理由

外国の船が次々と来てやべぇから

安政の改革の内容

身分を気にせず親藩、外様さらには庶民の意見も求める。
身分に関係なく、能力ある人間は海防掛に登用する。
近代化する。

他にもいろいろ細かいところがあるんだけどさ。いいよ。

このブログは日本史の知識を極めるためのものじゃないから。大学入試の日本史を極める!だから。入試に出そうなレベルまで勉強しようよ。
実は、安政の改革ってペリー来航を機に起きたわけじゃなくて、このペリー来航の前後での改革なんだよね。

だから、親藩、外様さらには庶民の意見を求めるってところまで改革の一部なわけ。

ペリーが来ちゃってからは、日本の軍事力を増強していかなきゃいけないから能力のある人間は海防掛に就任させたり、大砲製作所を作ったり、海軍について研究したりするわけだね。これらの一連の改革のことを安政の改革って言うよ。

 

前にも話したけど、阿部正弘って改革派でさ。

今までの慣行をぶち壊していって新しいことをやっていこうよ!って気概なのね。だから能力のある人物はどんどん採用するし、身分とか気にしないわけ。

この気概が明治維新に受け継がれていくわけね。

個人的には阿部正弘がもうちょっと長生きしてくれれば、状況は変わってきたと思うよ。

激務のせいで38歳の若さで亡くなっちゃうのね。その後の老中首座には堀田正睦が就くわけだけどさ。(ハリスと日米修好通商条約について協議した人ね)

正弘が長く老中努めていたら、もっと状況違ったんじゃないかなって思うよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. じゃぷそん より:

    江戸以前の解説もしてほしいです⭐️

    1. jahistory より:

      徐々に書いていきまーす!

コメントを残す

*