弥生時代に登場した「青銅器」ってなんだ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

弥生時代に登場した特徴的なアイテムに、「青銅器」というものがある。

 

その名の通り、「青銅(銅とスズを混ぜて出来た合金)」で作られたもののことだ。

青銅器は、弥生時代の初期では武器や日常生活の道具として使われるなど実用的だったんだけど、間もなくしてその役割は「鉄器」に置き換わっていった。

 

じゃあ青銅器は全く意味のないものになったのかというと、それは違う。

今回は弥生時代の青銅器が、どのような役割を持っていたのかについて見ていくよ。

 

青銅器は「祭り」の道具

はじめは武器や道具として使われていた青銅器は、やがて弥生時代の集落(地域)で行われていた祭りの際に出される「祭器」として使われるようになった。

主な青銅器として、銅剣・銅矛(どうほこ)・銅戈(どうか)・銅鐸(どうたく)があるよ。

もともと武器として使われていたこともあって、武器の形がそのまま祭器となっている。

 

銅剣

銅剣には細形と平型の二種類がある。

基本的に瀬戸内海の沿岸部で使われていたよ。

 

銅矛

銅矛にも細形と広形の二種類があって、これは九州の北部で多く見られる。

 

銅戈

矛とは違って、刃が柄に対して直角につけられているのが特徴。

銅矛と同じく細形、広形があるよ。

 

これも九州北部が中心。

銅鐸

銅剣、銅矛、銅戈は朝鮮半島などから輸入されてきたものも多いんだけど、この銅鐸だけは日本独自の形をした特徴的な青銅器だ。

 

近畿地方を中心に発見されたよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*