山東出兵、北伐とは? 理由と目的をわかりやすく

今回見ていくのは中国。

とくに1920年代を見ていくわけだけど、その頃の中国がどんな状況だったのか忘れちゃってるかな?

日本史を勉強していると外国の歴史はぶつ切りに習うから、それまで外国がどんな状況だったのかまったくつかめないんだよね。

続きを読む

金本位制とは? メリット、デメリットをわかりやすく

金本位制度とか金解禁、兌換紙幣、不換紙幣は日本史のなかで何度か登場するんだけど、

「そもそも何で紙幣と金を交換するの?」「何で兌換紙幣にしたり、不換紙幣にしたりして一貫性がないの?」

「金本位制度のメリットとデメリットって何?」

といったようなことを疑問に思ってしまう人が多いみたい。でもこのことは日本史の流れのなかでは説明しにくいんだ。

続きを読む

五大銀行とは?金融恐慌後の日本経済

カルテルについて書いていると効率的に行動する前に、「なにが効果的かしっかり考えろ!」というメッセージが聞こえてくる。

たとえばもう成長しない製品の改良に労力を費やしていくら効率的にがんばってもあんまり利益を得られない。

続きを読む

金融恐慌とは? 震災手形と若槻内閣

これから金融恐慌をみていくわけだけど、金融恐慌と切っても切れないのが関東大震災(1923年、ここで詳しくやったよ)。

 

恐慌といえば株価暴落とかが思い浮かぶと思うんだけど、金融恐慌は震災の影響がとても大きかったんだ。

でも日本は関東大震災以前からずっと不景気が続いていたから、震災だけの影響とも言い切れない。

だから第一次世界大戦後の経済状況からみていこう!!

続きを読む

日ソ基本条約とは?なぜ治安維持法が必要だったのか。

治安維持法では「所有財産制度の否認」という社会主義的思想を禁止するものだった。

 

あまり所有財産と関りを持たないけれど、「才能」が個人のもの(財産)か、あるいは社会(文化集団)のものか考えてみよう。

 

例えば物凄いバスケットボールプレイヤーの収入を社会に分配しなければならないと国が決めたらみんなはかわいそうに思うだろうか。

才能のおかげではあるものの物凄い努力してすごいバスケットボール選手になったのに、と。

続きを読む

関東大震災と甘粕事件とは?わかりやすく

人生においてどうにもならないことはたくさんある。

いくら個である自分ががんばったところで、全体である組織が強いてくることに逆らえないことは多くある。

個が全体に打ち勝つ物語を現代人は好むけれど、現実はとても厳しいのだ。

今回みていくのはその例。

続きを読む

第二次護憲運動とは?わかりやすく 加藤高明内閣

第一次護憲運動(ここで詳しくやったよ)と第二次護憲運動と両方あるけど、第一次護憲運動は民衆のデモにまで発展した運動だったね。

 

でも第二次護憲運動は民衆を巻き込まない運動だったんだ。

貴族院を中心とする清浦内閣に対して、国民が選んだ本格的な政党内閣でないとだめだ!と抗議をしたんだ。

続きを読む

ワシントン会議とは?3つの条約とその内容をわかりやすく

私の友達に異性の誘いを断れない人がいる。

その友達が約束の日の前にすることは、そのデートの日に他の友達を誘うことだ。

グループで会えば一対一の関係は見えにくくなるからね。

表面上は約束を破っていないけれど、

デートという約束を単なる遊びという約束に勝手に変えてしまっているんだ。

続きを読む